雑音なしのアコースティックワールド

言葉のない時代から溢れていたであろう音楽の端くれとして、これらのアルバムを聴いてくださったら嬉しいです。紛れもなく、私、宮里コウゾウの体の中から生のまま生まれ出た言葉とメロディーであるというのは確かなのですから。